御朱印日記

幸せのtorii

2017年1月25日

皆さまこんにちは。

寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

山陰地方も大雪が降り、出雲もかなりの積雪になりました。

雪かきや路面の凍結など大変な事がたくさんありますが、

雪化粧された出雲大社は格別に美しく大変さを忘れてしまうほどです。

寒い時期ではございますが、お参りされて冬の出雲大社を堪能されて

みてはいかがでしょうか。

 

 y

 【Torii 朱】【Torii 金】

 

  年の初めにピッタリの御朱印帳として、今回は「Torii」シリーズを御紹介いたします。

出雲大社には4つの鳥居があります。 出雲市駅側から神門通りに入る所にある大鳥居は鉄筋コンクリート製、出雲大社の参道に入る最も知られている勢溜にある正面鳥居は木製、松並木の参道の鳥居は鉄製、拝殿前の鳥居は銅製と、全て素材が違っていることはご存知でしょうか。

 この4つの鳥居を潜ってお参りすることが、出雲大社の正式な参拝の仕方だと言われています。 4つの鳥居で『幸せ』につながるという説もありますが、全国でも珍しい『二礼四拍手一礼』の出雲大社ですから、『四』という数字が大切だということが分かります。

 

 

御朱印帳【Torii】は、三番目の鳥居である鉄の鳥居と、樹齢400年を越えるとされる参道の松をデザインしました。

美しい松並木の参道の中央は一般人が通れない道とされ、神在祭の時はこの中央の道を通って神様達が出雲大社入りをされます。 表紙には高級感のあるレザー調の紙を使用しています。 ご夫婦やカップルで、色違いで持たれるお客様もたくさんいらっしゃいます。 お手軽な価格ですので、御朱印巡りのきっかけとしてもおすすめの1冊です。

まだまだ寒い日が続きますので体調を壊されぬようご自愛くださいませ。

 

CATEGORY

  • カテゴリーなし

RECENT ENTRIES