御朱印日記

オリジナルデザイン御朱印帳(OEM)について-金襴

2021年8月7日

今回は金襴生地についてご紹介致します。

 

金襴生地とは金糸や銀糸に色糸を交え、紋様が浮かびあがるように織り出した伝統的な織物で、

一般的にはひな人形の衣装や掛け軸、仏具用品などに使用されています。

織物の中でも特に豪華絢爛な印象を与える織物です。

 

 

 

 

<ご縁うさぎ 金襴>

御朱印帳専門店しるべで不動の人気を誇る御朱印帳。

こちらも金糸と銀糸、色糸を交えた織り方により、豪華絢爛な一冊となっております。

白兎や勾玉、千木、縁結びのリボン…出雲をモチーフにした可愛らしいデザインに仕上げております。

 

 

《仕様につきまして》

・本文紙は白の奉書紙を使用。

・御朱印帳では一般的な蛇腹タイプ。

・金襴にすることにより可愛らしさに豪華さを加え、より特別感を生み出しています。

・大判(W12cm×H18cm)と小判(W11cm×H16cm)をご用意。

大判は書置きの御朱印をお貼り頂く際に余裕をもってお貼り頂けます。小判は大判に比べてコンパクトな

サイズ感ですので、持ち歩くのに便利なおサイズです。

・お色は画像の茜、紺、黄の他に桃、朱、紫、金、黒がございます。同じ柄でもお色によって金糸や銀糸の映え方が変わり必ずお好みの一冊が見つかります。

 

 

今回は金襴生地をご紹介致しました。

次回は紙表紙の御朱印帳についてご紹介致します。

 

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

皆様、よいお参りを。

 

CATEGORY

  • カテゴリーなし

RECENT ENTRIES